医療求人で募集している職種とは?

医療求人などで募集している仕事について調べてみましょう。患者さんに直接医療行為を行うのは医師ですが、同じ医療機関でも病院の運営を支えている人たちも多いですね。例えば、病棟クラークと呼ばれる職種があります。病棟クラークは、医師と看護師の間に入って医療の現場を円滑にする役割を果たしています。具体的な仕事内容をチェックしてみましょう。体調を崩して病院に行くと、医師の診察を受ける前に問診が行われますね。そのような問診を行うのも病棟クラークの仕事になります。医師が治療に使う器具を用意したり、使用後の処分も行っています。他にも患者のカルテを管理したり、事務的な仕事も行います。そのため、病棟クラークは医療に関する幅広い知識と技能が必要になるのです。

実際に病棟クラークとして医療機関で働くためには、専門の学校に行って勉強しなければなりません。高校を卒業したら、医療系のコースがある専門学校や短期大学、4年制大学に通ってしっかり勉強します。病棟クラークという資格自体はありませんが、仕事に就くためには医療系の資格を取っておくと有利です。医療を支える職種には、他にも診療情報管理士と呼ばれるものがあります。診療情報管理士は、文字通り病院にある診療記録などを管理する仕事です。この仕事に就く場合は、学校に通って専門知識を習得した後に資格試験に合格しなければなりません。診療情報管理士認定試験という資格試験があります。

Copyright (C)2017たくさんある医療求人から自分に合うものを見つけよう.All rights reserved.